活動報告と家づくり豆知識

【理想の家を建てたい! ~構造・工法のお話~】

理想の家づくりのために考えるべきことはいくつもありますが、「構造」や「工法」もそのひとつです。特に、阪神淡路大震災以降は住宅の安全性に関心が集まっており、構造や工法は住宅の「要(かなめ)」とも言えます。 

 

予算や立地条件、好みや将来設計を考えたうえで、夢のマイホームを実現するために最適な構造や工法はどれか。それぞれの特徴を知ることは、「理想の家づくり」だけでなく「業者選び」の目安にもなるはずです。

 

建物の骨組みを一般的に「構造」、骨組みの造り方を「工法」と言います。代表的な構造は「木造」「鉄骨造」「RC造(鉄筋コンクリート造)」の3つ。日本の住宅に最も多く用いられている木造は重量が軽く、比較的単価が安いといった特徴があります。同じ木造でも造り方によって、「木造軸組工法」「2×4(ツーバイフォー)工法」「ユニット工法」などいくつもの工法があります。

 

「木造軸組工法」は「木造在来工法」とも呼ばれる日本の代表的な工法。土台・柱・梁などの軸材を木材で組んで骨組みを構成するので自由度が高く、将来の増改築にも対応しやすいのが特徴です。

 

「2×4工法」は枠材と面材を一体化させて「面」で支えるため、地震や風圧といった横からの力に威力を発揮します。鉄骨で構造体を造る「鉄骨造」は、木造より柱の数を減らせる分だけ広い空間を確保しやすいでしょう。

 

鉄筋とコンクリートの両方の長所をいかした「RC造」

は、構造体としては最も強固な造りが可能です。

構造・工法には、それぞれの特長があります。ですから、予算などを含めて

 

「何があなたに一番合うのか」ということをポイントに選ぶことが最も大切でしょう。